クリアレインのアトリエ

趣味や興味を持っていること、得意なことについての情報発信ブログです。

【麻雀】役満とは?全12種類の役満をわかりやすく解説!!

f:id:clearrain:20190914042718j:plain

麻雀の役の中には、役満(ヤクマン)と呼ばれる役があります。役満はつくる難易度が高いため、あがったときの翻数が13翻もあります。今までに解説した役の中で、一番高い役はチンイツの6翻なので、役満はその2倍以上もあります。今回は、一般的なルールに採用されている12種類の役満について解説していきます。

 

国士無双(コクシムソウ) 門前:役満 鳴き:━

  • ヤオチュウ牌に分類される牌をすべて1枚ずつそろえ、その中の1種をトイツにする

ヤオチュウ牌に分類される牌をすべて1枚ずつそろえ、その中の1種をトイツにすると、国士無双(コクシムソウ)という役がつきます。この役は、基本のあがり形(4面子1雀頭)に属さない役です。このような特殊な役は、国士無双とチートイツの2つです。

上の手牌のように、テンパイしたときにトイツがない場合は13面待ち(待ち牌の種類が13種)になります。これが麻雀で一番多い待ちです。

四暗刻(スーアンコ) 門前:役満 鳴き:━

  • 暗刻(アンコ)を4組つくる

暗刻を4組つくると、四暗刻(スーアンコ)という役がつきます。役満は数少ない限られた種類の牌で構成されることが多いですが、この役は使用する牌に制限はありません。ちなみに、四暗刻国士無双は、役満の中でも比較的にあがりやすい役です。

大三元(ダイサンゲン) 門前:役満 鳴き:役満

「白・發・中」をすべて刻子にすると、大三元(ダイサンゲン)という役がつきます。以下で、この役にかかわる包(パオ)について解説します。

包(パオ)とは

包(パオ)とは、責任払いのことです。特定の役満のあがりが発生したときに、その役を確定させる牌を鳴かせてしまったプレイヤーにはペナルティが課せられます。大三元を例にすると、2種の三元牌を鳴いている相手に対して、残り1種の三元牌を捨て、それも鳴かれてしまった場合、周りから目に見えて大三元が確定します。その後、大三元をあがられたら、最後の1種を鳴かせてしまったプレイヤーにパオが発生します。

【パオが発生したときの支払い】

  • ツモあがりの場合:パオしたプレイヤーが全額を支払う
  • ロンあがりの場合:ロンあがりされたプレイヤーとパオしたプレイヤーが半分ずつ支払う

四喜和(スーシーホー) 門前:役満 鳴き:役満

四喜和には、大四喜(ダイスーシー)小四喜(ショウスーシー)の2種類があります。

大四喜(ダイスーシー)

「東・南・西・北」をすべて刻子にすると、大四喜(ダイスーシー)という役がつきます。大四喜にもパオがあります。

【パオの発生条件】

  • 風牌3種を鳴いている相手に対して、4種目を鳴かせてしまい、あがられた場合

小四喜(ショウスーシー)

「東・南・西・北」のうち、3種を刻子にして、残りの1種を雀頭にすると、小四喜(ショウスーシー)という役がつきます。

字一色(ツーイーソー) 門前:役満 鳴き:役満

  • 字牌のみで構成されている

字牌のみで構成されていると、字一色(ツーイーソー)という役がつきます。基本的には刻子4組+雀頭1組の形になりますが、七対子の形をした字一色もあります。

緑一色(リューイーソー) 門前:役満 鳴き:役満

  • 緑色だけが使われている牌のみで構成されている

緑色だけが使われている牌のみで構成されていると、緑一色(リューイーソー)という役がつきます。緑色のみが使われている牌は、「2・3・4・6・8・發」の6種類です。別名、オールグリーンと呼ばれています。

清老頭(チンロウトウ) 門前:役満 鳴き:役満

  • 老頭牌(各種の1・9牌)のみで構成されている

老頭牌のみで構成されていると、清老頭(チンロウトウ)という役がつきます。

九蓮宝燈(チューレンポウトウ) 門前:役満 鳴き:━

  • マンズ・ピンズ・ソウズのうちの1種類のみで構成されている
  • 1」と「9」の暗刻+「2~8」を1枚ずつ+「1~9」のどれか1枚で構成されている

手牌が、「1112345678999」+「1~9」のどれか1枚で構成されていると、九蓮宝燈(チューレンポウトウ)という役がつきます。

ちなみにこのテンパイ形は、「1~9」のすべてを待つ9面待ちとなります。これは、国士無双13面待ちの次に多い待ちです。

天和(テンホー) 門前:役満 鳴き:━

  • 親である
  • 配牌がすでにあがり形になっている

親で配牌をもらった段階で、すでにあがり形になっている場合、天和(テンホー)という役がつきます。「あがり」は漢字で書くと、「和了」です。つまり天和とは、天から授かった和了(あがり)ということです。ちなみに天和があがれる確率は、33万分の1といわれています。

地和(チーホー) 門前:役満 鳴き:━

  • 子である
  • 最初のツモ牌であがる

子で最初のツモ牌であがった場合、地和(チーホー)という役がつきます。

※最初のツモの前に鳴きが入っていた場合、たとえ最初のツモ牌であがったとしても、地和はつかない。

四槓子(スーカンツ) 門前:役満 鳴き:役満

槓子を4組つくった状態であがった場合、四槓子(スーカンツ)という役がつきます。四槓子は、役満の中であがるのが一番難しい役です。あがれる確率は、43万分の1といわれています。

四槓子をあがるのが難しい理由】

  • そもそも槓子を1組つくることが困難である
  • 1局のうち、4人で合計4回までしかカンができない(相手が1回でもカンをした場合、四槓子ができない)
  • 必ずタンキ待ちになる

四槓子にもパオがあります。4種類目を大明槓させたプレイヤーにパオが発生します。

まとめ

以上、一般的なルールに採用されている全12種類の役満についてでした。役満をあがるのが難しい理由は以下の3つです。

役満をあがるのが難しい理由】

  • 使用できる牌の種類が少ない
  • 刻子系の役が多い
  • 周りのプレイヤーから警戒される

一番大きな理由は、1つの役に対して、使用できる牌の種類が少ない点です。そのうえ、役満の半数近くがヤオチュウ牌(特に字牌)を必要としているため、あがるのが難しい刻子・対子系になります。また、鳴きによってつくることができる役満に関しては、鳴くたびに周りのプレイヤーから役満を警戒されるため、欲しい牌が捨てられる可能性が低くなります。

だからこそ、役満をあがったときは多くの点数がもらえます。ですので、役満を狙える手牌になったときは積極的に狙ってみましょう!